読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるように生きる。

日常生活の中で感じた事や、思った事をのんびり綴るブログです。

いつか普通になれると信じていた。

どうも、こんばんは。白煉です。

またまた、マイペースに出没してみました。

 

 

 

 

 

テレビでどこの誰が結婚したとか。

友人知人から誰それが、あるいは本人が結婚した。

 

そんな話題を耳にする度に私は、魂が抜けそうになるのです。

 

たぶん、そのまま魂が抜けてしまって、永遠に目が覚めない方が私は幸せだろうし、二酸化炭素の排出も抑えられるだろうから地球にとっては喜ばしいだろう。

このまま体が朽ちて、もしもそこから伸びた植物が花を咲かせる事があったなら、私にとってはまたとない奇跡だろうなと思ってしまうのです。

 

 

 

初記事を書いた時、私は自分の事をアラサーと書きました。

では、ここに改めて記すとしましょう、32歳の独身です。

 

小鳥マークのさえずりSNSではちまちま実年齢を明かしているのだけど、そういえばブログに書いてなかったのを思い出しました。

 

 

何というか、30歳過ぎの独身女ってどこかカワイソウに思われてるような気がして、そんな風に思われるのを気づくのが嫌で避けてたのかもしれません。

 

私の周りにいる(もしくはメールのやり取りをする)知り合いは、ほとんどが既婚であったり、子持ちだったりします。

職場の中も既婚者ばかりで、休憩室はわが子や家庭の話が耳によく届きます。

 

周りが既婚者ばかりだと、当然、独身が目立ってしまいます。

まるで物珍しい生き物みたいに、と感じてしまうのは、私は小さな事を気にしてしまう性質のせい。

 

好きな男性のタイプはどんなの?

付き合いたいと思う人はいないの?

その歳になるまで恋愛の楽しさを知らないなんて勿体ないね。

 

云われる度にうんざりしてしまいます。

そんな話題は適当に流して、相槌を打ってれば良いんだよ、と大抵の人は笑うと思います。

勿論、それとなく相槌を打ちますし、ただの世間話だ冗談だと受け流してくれる事を期待してその場しのぎの作り話をします。

 

私は聞かれた事には、こう答えてきました。本音でです。

「好きなタイプはいません。わかりません」

「人とわいわい騒ぐより、1人で本を読んだり音楽を聴いたり、空想するのが好きです。空想しながらぷらっと散歩するのも大好きです」

「↑の事が楽しくて、趣味に忙しくて興味を持つ暇がなかったです」

 

思った通りに伝えれば「またまたー」と、理想が高いんでしょ、強がってるんでしょ、と流されてまともに取り合って貰えませんでした。家族でさえ。

話しても通じないなら、嘘を語ればいいと私は思いました。

 

そしたら、周りの人たちは嘘の話の方を信じ、話を広げようとするのです。

独身の男性を指して、「あの人はどう?」と頻繁に聞いてきて、本当に鬱陶しかったです。

街コンを勧められ渋々参加したら、その話を聞きつけた人が知人男性を紹介してきて日時をセッティングされて、これまた渋々会う羽目になったりしました。

 

面倒くささばかりが目について、恋愛の楽しさは欠片も解らない。

 

 

本音云わせて貰えば、ほぼ初対面で内面はろくすっぽ知らない、知っても正直どうでもいい相手と、たとえ想像上であっても無理やりつがいにされる私の苦痛がどんなものか、声を大にして云いたかったです。

おそらく私は「彼の唯一の人になれて幸せです」と指輪キラっする機会はないだろうと、確信しています。

 

 

なぜなら、男性に恋をした事がないからです。

恋愛未経験である事に、恥や寂しさを感じた事がないからです。

 

こんな私も、子どもの頃は自然と恋愛するものだと思ってたし、普通にお母さんになるものだと信じていましたよ。

母は19歳で結婚し、私の歳の頃には3人の子持ちだったというのに。

 

 

 

 

 

普通って、存外ハードル高いものですね。

明日から本気出す!…つもりで生きています。

サンリオの某ゆるキャラみたいな事を云ってます。白煉です。

どうもお久しぶりです。

少し休むつもりが、がっつり休んでました。

 

全然認知度のない、私みたいな奴はプレッシャー要らずで書けるから気楽で有難いものです。

 

 

私が生活してる東北沿岸はすっかり秋らしくなったように思います。

日差しはまだ暑いのですが、風がひんやりして気持ち良いです。

朝方と夜間は時々肌寒いです。

 

周りの人たちが「暑い」と口々に云うので、私は「そうですか?」流してたのです。

何だかんだと強がってたのです。大した事ないよ的に。

暑い暑いと煩いので言葉をさえぎる意味もありましたが。

 

ただ、大した事なかったのは心だけで、身体はしっかり悲鳴を上げておりました。

 

いつもは夜中にしっかり好きな事してたんですが、8月はほとんどマッサージチェアに腰かけたら、日付変更時まで意識飛ばす位にはバテてました。

 

 

そんなこんなで9月になりました。

涼しくなってきたのでブログを再開します。

また、気まぐれマイペースに書かせて頂きます。

 

 

わざわざ当ブログへ足を運んで下さった(運んで下さるかもしれない)方々へ。

またよろしくお願い申し上げます。

 

それでは。

 

 

貴方の願い事は何ですか?

今日は七夕ですね。

 

私は今、今年が半年も過ぎてしまった事に愕然としています。

来月にはお盆がやって来て秋になるというのですか…?

私は一体何をしてきたんだろう…。

 

さて、七夕です。

私が住んでる東北の沿岸地方は雨でした。。

 

星空が拝めなくて残念だと云ったら、姉が「彦星と織姫が密会してるんだから邪魔しないの」と申しておりました。

 

 

 

 

せっかくなので、家族に願い事を聞いてみました。

母は具合が悪いようなので、後日聞いてみる事にします。

 

まず、父。

「子どもたち全員に子どもができますように」

兄は今、奥さんと妊活中なので、しばし待たれよなのであります。

姉と私には期待せぬ方が良いと、心の底から思いました。

 

飛んで兄。

「これから、幸せになりますように」

子どもの頃、姉と私をBB弾の的にしたり、殺した蛇を水につけては再度殺してた人の発言と思えませんでした。可愛すぎて。

…叶うと良いね。

 

お義姉さん。

「ママの病気が治りますように。みんなが健康で元気に暮らせますように」

そうですね。

病気が治れば今日、母に願い事聞けたかもしれないし、今と違う願い事が聞けるかもしれません。

 

そして姉。

「お金が欲しい!」

浪費が激しい姉らしい願い事でした。

ロマンはなく、現実しかなかったのです。

 

最後に私。

「40代で楽隠居して、ひっそり穏やかに暮らす。今の仕事も辞める。絶対実現する!」

うん、これ目標。

願い事ですらなかったのです。

 

 

以上、我が家の七夕でした。

 

皆さんは何を願いましたか?

素敵な七夕をお過ごしくださいませ。




※7月15日追記。

あれから母に聞いてみました。

「短冊に願い事を書くなら何を書くの?」と。

母は、家族みんなが健康で穏やかに暮らせるならそれで良いと云っておりました。


私も、平穏に生きられるのが良いと思います。

(明日、出勤日なので既に動悸がして気が滅入って平穏に程遠いですが…)

下ネタを口にして嫌われる人と、そうでない人の差。

どうも、白煉です。
こんにちは、こんばんは、よろしくです。

今回は「下ネタを口にして嫌われる人と、そうでない人の差」というものを考えてみました。
社会人になってから、色んな人を見たり、話したり、すれ違ってきました。
たくさんの人と関わるほどに、避けられないタイプの人と対面する機会が増えますね。

誰でも、生き物である以上、性的な事に興味を持ったり何なりして、避けようがないけれども誰もが得意とするかと思えばそうでもない。


そう、下ネタを口にする人ですよ。


f:id:aoi-tuki261:20160625213954j:plain


どうしても、一定数存在するのでどうしようもないですね。

笑顔のお面を被ってスルーか、そちら側に染まるか、あるいはそのテの話題を振るのを躊躇われるようなキワモノになるしか対処しようがないと思います。
ちなみに、私は3番目です。異星人になる路を選びました。



だって、苦手なんですもん。

うちの父は「下ネタはコミュニケーションの一環だ」と云う人ですが、苦手な人に振るのは一種の暴力だし、会話のセンスないと思いますもん私は。
コミュニケーションの破壊行為にしか見えません。



と、まぁ20代の頃はそう思ってました。

30代に突入した近年は心境の変化がありまして、考えを少し改める事にしました。
根っこは変わりませんが。

で、考えを改めるに至った、最近気づいた事がちらほらあるので書き記してみます。


職場で仕事の合間に人間観察なるものをしてみましたら、下ネタを喋っていて好意的にとられている人とそうでない人の違いが分かるようになったんです。(ようやく)
好意的に思われてる場合は、話してる人に周りから冗談まじりの軽口が飛ぶので楽しい空間になります。
逆にそうでない人は、周りは苦笑いで女性は無言になるし、微妙な空気が漂う空間になります。

次は下ネタの内容に触れてみます。
前者は独り言のように抽象的に喋るので、ある程度ただれた大人になってる人に分かる仕様の下ネタです。
ぽつりと喋り、分かる人が返答する形式なので下ネタが苦手な人は静観できます。
後者は話題に個人名をあげ、露骨で生々しく喋るので、苦手な人はこっちに振ってくんなよ!と念じながら仕事に逃げるしかありません。
そして、逃げられなかった人は餌食にされるしかないのです。
おそらく、若い人には高確率で嫌われ、高度なコミュニケーションスキルを会得した人には上手く避けられるでしょう。


好かれる人は、人様に絡まないんですね。
嫌われる人は見ていてセクハラものです。アウトです。

今回例にあげた人は男性でした。
女性からしたらセクハラにしか感じられないし、同じ男性からしたら風評被害を受けるものなんじゃないかと思います。




ちなみに、露骨すぎて嫌われる人は男女・既婚独身の差はなかったので、特定の人をあげつらうつもりで書いた記事ではない事をお伝えしますね。

では、また。

一人になりたい病。

たまに、すごく人が嫌いで、とにかく誰とも関わりたくなくて、「○○滅びろ!」とぼやきたくなる。
そして、簡単に他人様の不幸を願ってはネガティブモードに突入するのだ。

誰かを呪う私はすごく醜い顔してるだろう、と想像する。
その瞬間、思い描いた理想の私が歪む歪む。
あぁ、とうんざりするくらいに。

だけど、その次には怒りで膨張した私の心がスッと冷える。
私って最低。 そんな自己嫌悪に満ちていく。
こんな私は嫌いだ、と消えたくなります。
で、そういう時に思い出すのがこれ。

f:id:aoi-tuki261:20160620004241j:plain

昔観た漫画のワンシーン。
主人公の女の子が自分に価値を見出だせなくて、ネガティブモードになった時に(だった気がする)、その子のお父さんが云うんです。

もし、自分の命に価値ないと思えたら
思い出して
君を大切に想う、私やお母様を
そして
未来に出会う、君を愛する者の姿を

未来に出会ううんちゃらかんちゃらはともかく。
自慢ではないのですが、私は父や母、家族みんなに大切にされてます。
私が私を要らないと思うのは、私を大切にしてくれてるみんなの気持ちを踏みつけにする事なんだと、思い出す訳です。


で、ここまで来たら気持ちが浮上すると思いますよね?

私の場合、それでネガティブモードが終わるかと思えば「私って最低」と、ネガティブが加速するんですよ。本当めんどくさい。
あとは、涙が出るだけ泣きまくります。
落ち着くまでは家には帰りません。
どっぷり、一人になります。


ふらふら町中を歩いたりせず、マイカーの中でじっとしてるので大丈夫です。
警察に職質さえされなければ良いのです。

私は夜が好き。

お久しぶりです。

 

何やらテンションが上がってしまったので、ペンを取って(パソコンを立ち上げて)みたり。。

 

夜になると私は浮かれます。

月が綺麗だと散歩したくなりますし、実際散歩します。

 

ストレッチや筋トレがしたくなります。

片づけや整理整頓もしたくなります。

 

気が向けばイラスト描きますし、物語が書けそうな気がして空想が暴走します。

 

 

何かすごく元気になります。

 

明るいのも明るいなりに好きだけど、暗いのはもっと好きです。

闇という文字に並々ならぬトキメキを感じます。

 

静かなのも良いと思います。

私が暮らしてる所はすんごい田舎なので、夜は大変静かなのです。

 

あと、ひんやりとした空気が心地よくて大好きなのです。

 

休みの前日だと、空が白んで来るまで趣味の事をします。

そうじゃない日は2時~3時位に渋々寝ます。

 

 

 

 

そんな感じの毎日を過ごしてます。

 

さぁ、今からどんな趣味の事をするか、とりあえず風呂に浸かりながら考えて来ようと思います。

 

それでは、また。

とりあえず、なるように生きてみる。

 「生きてみる」

 

言葉にすれば簡単だけど、いざ実行してみると、これほど難しいものはないと思う。

 

 

 

しかも、その生きる事に「夢」や「ロマン」、「希望(期待でも可)」というものを求めたらキリがないね。

 

持てるもの、できる事は限りがあるし。

 

 

 

このブログで呟く事は基本、日常で私の思う事です。

 

何でもない日常を過ごして、とりとめのない事をぼーっと考えてるだけの、ゆるーくぽつぽつ呟くだけの気ままなブログになる事でしょう。

 

生きる事も、人と関わる事も億劫でものぐさな私のブログへようこそ。

 

 

ハンネは白煉(しらね)と云います。

アラサー、生物学的には女です。

 

 

 

がんばらない、なるように生きる。

 

マイペースにちまちま書いてると思います。

よろしくです。