読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるように生きる。

日常生活の中で感じた事や、思った事をのんびり綴るブログです。

家族ってなんだろうな。

今、実家から帰って来て落ち着きました。

f:id:aoi-tuki261:20170225232826j:plain


実家を出て3週間めの土曜日を迎え、ひしひしと感じているのが、もう自分が属する居住空間ではないという感覚です。

人様の家だなぁ、と。



実は実家を出てからも、1日置きの間隔で実家に立ち寄ってました。

私は実家を出ると云っても、姉が借りてる部屋に転がり込む形の居住なので、恐らくは世の中の人たちよりイージーな巣立ちだと思います。

姉の部屋はお風呂の設備が整ってなくて、聞くもワイルドなお風呂生活をしてたらしいです。
私は姉のように生活できないので、ちょくちょく実家の世話になっておりました。


両親はご飯を食べたらすぐにお風呂のお湯を抜いてしまうので、急いで入らねばならないのです。
場合によっては沸かし直さねばならないので、結果、灯油と電気代がかさみます。

母いわく「うちだってお金ない」そうなので、実家に5千円を入金する仕組みができました。
何でも、実家で夜ご飯食べて良いし、足りない食材は持って行って良いよ。
損はしないでしょ?びた一文まけないよ。

との事です。



まぁ、1度その条件を飲んだのですが、最近になって風向きが変わりました。

休みとかで時間がある時は「茶碗洗いしてって」「掃除しに来て」「何か都合の良いように使われてる気がする」「気遣い欲しいよ」と、何だか無茶ぶりされてる気がしてきました。


云っちゃ何ですが、兄夫婦は実家の食材ふんだんに使ったご飯食べて行ったり、両親から頻繁に車借りてくんですがガソリンも車の保険料も彼らは負担しないのですよ。

両親が愚痴るので、云えばどうかと進言してみたら、将来的にはお世話になるから強く云えないとの事でした。

これ聞いて姉と私は頭に疑問符が浮かびました。


望む通りにしてくれるとは限らない兄夫婦より、今まで一緒に過ごしてきた、時に親が望むように動いて来た私たちに少し離れただけで「冷たい」と云ってしまえる母に、何とも云えない不快感ばかりが蓄積されていく土曜日でした。

今回はお金の話しか出なかったのが、もう不愉快でした。

金がないって云うなら、兄夫婦から徴収してみろよ。
金がないって云うなら、お菓子やケーキ等の嗜好品を溜め込むなよ。



こんな風にしか思えないなら、早くお金貯めてお風呂設備を整えてやる。
そして、本当にたまにしか顔出さないでやるわ。



本当、家族ってなんだろうな。