読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるように生きる。

日常生活の中で感じた事や、思った事をのんびり綴るブログです。

忘れる事も必要だと思うよ。

f:id:aoi-tuki261:20160311150536j:plain



おそらくは、今日も昨日に続きテレビで東日本大震災の特集組んだ番組を放送してるんだろうな、と思う。

昨日は出先で黙祷のアナウンスを聞いた。
有難うございました、の声でその時刻なんだな、というのが私の感想。

不謹慎かな、私は黙祷をしなかった。

別に私は死者に石をぶつけるのを良しとする人間ではない。
ただ、もう震災の事を思い出すという感覚がないのです。

あれから、もう6年ですよ?
あの時生まれた赤ちゃんは大きくなって、おそらくは元気に走り回ってる頃ですよ?

正直、感傷に浸るのはそろそろ止めませんか?


地震が発生したら、とにかく高い所に逃げて海へ近寄らない。
津波を被った地域には極力、民家等を建てない。
災害が発生したら、何より自分の身を守り避難しましょう、とそれだけを伝えれば良いんですよ。

あの時は辛かった。
あの時こうしてれば良かった。
そればかり云ってて何になるんですか?
しつこく云うけれど、6年も前に終わった事です。


その後悔を今、目の前の事に活かせませんか?

悲しみを蒸し返したり、例えば他人の行動を「不謹慎だ」と押さえつけたりして何になるんですか?


そもそも、私たちは今生きてるんですよ。

亡くなった方々を悼むのは大事だけど、私たちは私たちの生活をより良くして復興に繋げる事をした方が良いと思いますよ。


死んでしまった人の分も生きろ!と人様に云うのは重いし、そんな干渉する位ならほっとけ!って話です。

今はもう日常なんです。
思い出すのは時々で良い。
もっと云えば、他者に押し付ける悲しみは逆に復興の妨げになるから忘れる方が良いかもしれませんよ?

記憶は記録として残せば良い。
感情は引きずるべきでない。



世の中には、震災の日に生まれたり素敵な思い出がある人たちだって居ます。
その人たちの笑顔を曇らせる事は、間違いなくより良く生きる為の枷(かせ)になります。

亡くなられた方々も、誰かの邪魔をするのは本意ではないと思うのですよ。


生きる事の妨げになるのなら、私は忘れる事も必要だと思います。
忘れる事は冒涜や裏切りではないんですよ。







そういう風に震災から立ち直る人も居るんだよって話です。

静養する事になりました。

ここの所、極端に体調が悪かったのです。

動悸がしてたのは相変わらずだったのですが、動悸の頻度が増えた事、半年の間にとても疲れやすくなってました。

ご飯食べるのも億劫で食べたり食べなかったり、食べるものを選ぶのすら適当だったり。


仕事に行く前に泣き出したり、物忘れが酷くなってミスが増えたり散々でした。


そして水曜日、家族に半ば強制的に病院に連れられて行ってきました。
向かった先は精神科でした。

家族は心療内科を希望してたけど、そこの病院には神経内科か精神科しかなかったので。


看護師さんからいつ頃から体調が優れなかったのか聞かれて話してる内に私、ぼろぼろ泣いてました。
どうやら物凄くしんどかったみたいです。

その後、お医者さんと話したらすぱっと云われました。



「今すぐ休みましょう。診断書かくから」



どうやら私、神経衰弱という状態にあるらしいです。
心が頑張り過ぎてすり減っちゃって、体に影響出ちゃってるようなのです。


あと、もしかしたら甲状腺の機能が弱まってるかもしれないとの事で血液と尿の検査もしてきました。




そのまま、職場に診断書を提出して休みを貰って帰宅。
帰るなり、どっと疲れが出たので爆睡しました。
人に深刻な状態だと云われると、結構来るものなんですね。

私は私を過信してました。

お医者さんに休みましょうと云われて私の口から出た言葉は「職場は人手が足りなくて休んだら迷惑になる」でした。

存外、私って洗脳されやすかったのだと、その日認識しました。



日頃「強い人」「悩みがない人」とか云われてると、弱さや悩みが縁遠いと思い込んでしまうのだと気づかされました。

人は弱いものだと知っていたのに、自分を切り離してしまうなんて。反省( ;´・ω・`)


そんなこんなでお休みです。
せっかくの1週間休みなので、自分の為に使わせていただきます。



ラッキー、と思う事にしよう。

恋文を貰ってしまった今日とか。

仕事をしてる時、他所の部署の人から折り畳まれた紙を手渡された。
後で読んで欲しい、一言付きで。


相手の人が立ち去った後、ちらりと開いて目を通して見たら、俗に云う所のラブレターだった。

宛名は、間違いなく私。

どっきりでも幻でもないんだな。

そう思うと、途端に気が滅入る。
考えるまでもなく返事は決まっているから。

相手の人の事は嫌いではないが、正直めんどくさい。
これ云ったら、30歳過ぎの喪女が寝言云ってんじゃねーぞと言葉が飛んで来そう。



だけど、寝言でも冗談でもなく、私は男の人とどうにかなるのがめんどくさい。

3T1M隠れKと思う位にめんどくさいので。
手紙を手渡すのも口頭で返事するのも気が重い。
ましてや、2人で会って話すなんて、逃げたくなる。






以前、誕生日プレゼントを貰ったんだけど、あれから2年も経ったんだと気づいた。

「プレゼント、本当有難うございます。寒い時に重宝してますレッグウォーマー」

そういう事なら、伝えられるのだけども。
人間的に嫌いではないです、はダメですか?









たいくつ
ときめかない
つかれる
めんどくさい
(きもちわるい)

家族ってなんだろうな。

今、実家から帰って来て落ち着きました。

f:id:aoi-tuki261:20170225232826j:plain


実家を出て3週間めの土曜日を迎え、ひしひしと感じているのが、もう自分が属する居住空間ではないという感覚です。

人様の家だなぁ、と。



実は実家を出てからも、1日置きの間隔で実家に立ち寄ってました。

私は実家を出ると云っても、姉が借りてる部屋に転がり込む形の居住なので、恐らくは世の中の人たちよりイージーな巣立ちだと思います。

姉の部屋はお風呂の設備が整ってなくて、聞くもワイルドなお風呂生活をしてたらしいです。
私は姉のように生活できないので、ちょくちょく実家の世話になっておりました。


両親はご飯を食べたらすぐにお風呂のお湯を抜いてしまうので、急いで入らねばならないのです。
場合によっては沸かし直さねばならないので、結果、灯油と電気代がかさみます。

母いわく「うちだってお金ない」そうなので、実家に5千円を入金する仕組みができました。
何でも、実家で夜ご飯食べて良いし、足りない食材は持って行って良いよ。
損はしないでしょ?びた一文まけないよ。

との事です。



まぁ、1度その条件を飲んだのですが、最近になって風向きが変わりました。

休みとかで時間がある時は「茶碗洗いしてって」「掃除しに来て」「何か都合の良いように使われてる気がする」「気遣い欲しいよ」と、何だか無茶ぶりされてる気がしてきました。


云っちゃ何ですが、兄夫婦は実家の食材ふんだんに使ったご飯食べて行ったり、両親から頻繁に車借りてくんですがガソリンも車の保険料も彼らは負担しないのですよ。

両親が愚痴るので、云えばどうかと進言してみたら、将来的にはお世話になるから強く云えないとの事でした。

これ聞いて姉と私は頭に疑問符が浮かびました。


望む通りにしてくれるとは限らない兄夫婦より、今まで一緒に過ごしてきた、時に親が望むように動いて来た私たちに少し離れただけで「冷たい」と云ってしまえる母に、何とも云えない不快感ばかりが蓄積されていく土曜日でした。

今回はお金の話しか出なかったのが、もう不愉快でした。

金がないって云うなら、兄夫婦から徴収してみろよ。
金がないって云うなら、お菓子やケーキ等の嗜好品を溜め込むなよ。



こんな風にしか思えないなら、早くお金貯めてお風呂設備を整えてやる。
そして、本当にたまにしか顔出さないでやるわ。



本当、家族ってなんだろうな。

いつの間にか、如月。

f:id:aoi-tuki261:20170124012409j:plain

そう云えば、もう2月なんだよな。
しかも、半分過ぎてるという。

ちょっとずつ私の生活に変化が起きて来てる今日この頃。
日差しが春めいて来るのを感じ、そろそろ動く頃合いに思う。


地味に動きは有り。
はい、私、実家出ました(*´ω`*)

2月の頭に私物を運び出して、先週の月曜日から姉と一緒に暮らし始めてました。



実家を出て、これから先に経験するであろう現実を越えて、自活していく為の実績を作る武者修行を開始してました。
がんばらないで、がんばる。

間に合わなかったから、新年の挨拶で。


本当は日付が変わる前に更新したかったのだけど、そうこうしてる内にカウントダウンなってしまった(´ω`)

あけおめなのです。
いつの間にか今日が昨日になり、今日が今年に切り替わる。
相変わらずにマイペース更新していくと思います。






しかも、気分で文体が変わる、困ったブログを今年もよろしくお願いします。

本当、2017年になったんですね。
兄や姉のLINE着信が騒々しや。


私は鳴りません。
ぼっちですもの(*ゝω・*)

f:id:aoi-tuki261:20161231235921j:plain

33歳のクリボッチ。。

とうとう33歳になってしまった。

世間でいう所の彼氏居ない歴と、相手が居ない状態のクリスマスを迎えた回数がぴったり重なる私。
20代では周りに「クリスマスのご予定は?」と彼氏とのお付き合いを想定した言葉を掛けられたりしたのだけど、さすがに30過ぎたら変に気を遣われる身分になってしまったようだ。

掛けられる言葉は「好い人見つかるといいね」「相手は居ないのか?」「孫抱きてぇな」等、結婚やその先の事をほのめかす言葉ばかり。

とても、お腹一杯。



世の中が未だ恋をして、結婚して子どもを育てるのが、健全な男女だと思ってるのだから仕方ない。

私はすっかりその流れから取り残されてしまって、恋を知らず、結婚に関心を持てず、子育てに関しては世間のお父さんお母さん頑張って!位にしか思わない30代になってしまった。

身近に気楽に会える友達は居ない。
物理的に近い所に住んで居ても、主婦業やお母さんが忙しいので、会う事はほとんどない。

友達と楽しく騒ぐ事も、私には縁遠い事だ。

だから私はクリスマスケーキを下げて、家族が待つ家に帰るしかない。
父母も老いて陰りが見える。

いつまで私は家族とクリスマスケーキを食べられるのだろうか。
漠然と考える。

お一人様を想定しないクリスマスメニューは、家族が欠ける毎に買う必要性はなくなるね。


私は家の外では常にひとりぼっちだ。
なら、友達を作れば良いじゃないか、と人は云う。

そんな簡単に考えられたら、私はひとりぼっちにはならないよ。

誰と一緒にいても、誰と関わっても私は寂しい。
クリスマスになるまで集え騒げとはやし立て、クリスマス当日には飾りを取り払って良い新年を迎えましょう、と切り替わる。


うんざりするから、クリスマスは無しにしない?

誕生日を迎えて、気持ちを切り替えて頑張ろうとする気持ちが萎えるわ。

(とりあえず)ハッピー(なんて全然思ってないけど)メリークリスマス(って云っといてあげるよ)。