なるように生きる。

日常生活の中で感じた事や、思った事をのんびり綴るブログです。

また疲れて休んでました。

f:id:aoi-tuki261:20170918113004j:plain

ブログを書き込むのが久しぶりだなって思い、ログインしました。
今晩は、白煉です(*ゝω・*)


いつものように「思い出した時」、「書きたくなった時」、「好きなように書く」。

そのタイミングが重なりまして、今日、来ました。



今年の夏は気温はさほど高くなく、晴れてる日もそう多くなく、実家の向日葵(ひまわり)は枯れるより先にしおれてしまいました。

夏らしい夏を体感する前に、晩秋を迎えつつある東北の沿岸地方なのでした。






さて、私事を書き残して置きますか。

私は今また療養しています。
3月と同じく「神経衰弱」という診断をもらい、前回は1週間。
そして、今回は1ヶ月の休みを頂きました。

3月に休んで以降、薬が強いものに変更なったり、量が増えたりして、良好な状態ではなかったです。

「大丈夫です」の言葉と無理を重ねていたらしいです。
自己愛がない人や、自己評価が低い人ほど、案外簡単に自分を壊せるものなんだなと思いました。


と、ここまで考えが至ってもまた無理をしていつか体調くずすんだろうなと漠然と思う私です。
だって、色々面倒くさいんですもの。

こんな事書く辺り疲れてるんでしょうね。
でも本当、面倒くさいんですよ。




自分が心ある生身の人間だなんて、考えるのは面倒くさい事ですよ。

自活したい。。

自活したいなぁ、と思った。
自(立した生)活がしたいです、とても。

欠片も経済的に親を頼らなくて済む位に。
両親亡き後に、あの世から心配されないで済む位には自立したい。


家を出たは良いけど、まだ私の住所は今の住所に変更していない。
家を出たというのは形だけに過ぎず、私は「住所」を実家から間借りしている状態。

住所を変更したら、姉の扶養はどうするか、姉の障害者年金の手続きはどうするか等、不安要素が残っている。



本当は、私の一人暮らしで市営住宅を借りれたら良かった。
私は所得が少ない方なので、通ればさほど高くない家賃で入居できる筈だった。

だけど、住宅情報を取り扱ってる所や市役所の人間にはこう云われた。
「被災して仮設暮らししてる人が先」
「結婚して新生活を始める人」
「今の住所に居られない理由や退去せざるをえない正式な書類がなければダメ」と。


私の自活は難航してしまった。


両親亡き後は私一人だと実家に居られないし、そもそも両親が住んでる所は借家で永久的に住める保証はない。

そして、両親を亡くしてから行動を起こすのはしんどいし、私自身が多分出来なそうだから動ける内に動きたいと話しただけだ。
にも関わらず、「無理」の一言で片付けてくれた。


仮設暮らしの人は何も悪くないけど、恨みのひとつも云いたくなる。
あの人たちは、震災後、日本国内に止まらず世界中から心配され支援物資や義援金に困らなかった。

家在るこちら側と違って。


更には仮設を出た先の住む場所も優遇されるのか。

その人たちの前には低所得の独身者が自立したいと思う事はそんなに些末な事なのか。

そもそも、低所得で家賃が払えないから市営住宅で生活させて欲しいという話をしたのだけども。


私が住んでる町は物凄く田舎で娯楽もない、仕事はパートやアルバイト等の低賃金ばかり。
正社員とて高くはない。

そのくせ、マンションやアパートの家賃は高い。


震災後から町コンなるものを開催しているが、若い人たちが町から出ていったり、若い世代が増えないのは結婚できない理由じゃないから。
この町で、一人前にしてもらえない一人立ちさせてもらえないからがひとつの要因だからね。

まずは低所得でも部屋を借りやすい仕組みを作ってよ。
一人立ちして自活できるようになったら自信がつくし、そしたら今よりおおらかに人と関われる。

町コンなんてものは町おこしにはそんな重要じゃない。




自活したいよー。
大金持ちになりたいとか、誰かに愛されたいとか大それた願いなんてしてないのにな。

散歩は楽しい。

今日と明日は久しぶりの連休でちょっと浮かれてます(*´ω`*)

住んでる部屋の近くに公園があるのを割と最近になって知りました。
引っ越してから、2ヶ月過ぎてやっとです。

水曜日あたりに桜が満開になってました。

f:id:aoi-tuki261:20170422113057j:plain



毎年、桜が咲く度に花見をしようと思うのですが、いつも通勤や帰宅時に運転席からチラ見するだけで実現できませんでした。

テレビに映る花見の席で酔っ払った人たちを羨ましく眺めてたので、ずっとやってみたかったのです。

ですが、私には休みに連絡取ってすぐに会える友達が近くに居ないのでひとりでぽーっとぷらぷらするしかありません。

大丈夫、ひとりは慣れてます。


せっかくの桜を散歩しながら眺める事にしました。
あと、スマホで撮影しまくりました。


天気の良い日は散歩すると気持ち良いですね。
f:id:aoi-tuki261:20170422113354j:plain

f:id:aoi-tuki261:20170422113648j:plain

22個………かぁ。

記事の数が。。






どうやら1年を迎えたらしいのです、当ブログ。
マイペースを信条に書いていたら22記事。

何と、…ひと月分もないという有り様です。



けれど私は、ゆるーく書ければ満足です。

今年は、より私自身の居場所となるように精進してく予定です。
テーマは変わらず日常の事、趣味の事、思い出も残したいですね(*ゝω・*)
f:id:aoi-tuki261:20170420232024j:plain

リアル生活作りと居場所作りを平行して、まったりがんばろうと思います。

そっちこっち桜が満開で春ってスバラシイ(*´ω`*)

散々な3月だった。

主に健康面で。

私は強く生きてるようで、強くなかった事。
マイペースに生きてるようで、全然マイペースでなかった事を痛感させられました。


実は精神科のお世話になっただけでなく、先週の今頃、風邪でダウンしてたのです私。

足の付け根がすごーく痛くなって、胃腸の調子が悪くなって、寒気がして、意識飛ばしかけました。
メンタルから来る不調が原因で、体力落としてた事を忘れてたみたいです。

無理はしない、を脳が既に認識できてなかった。
…という事、なんですねぇ(;´A`)


仕事は休ませて頂きました。
どうも、有難うございますです。




あと、動悸もなかなか治まらなかったので、お薬処方されました。
動悸とイライラを抑える精神安定剤です。
効いてるかは判りませんが、少し疲れにくくなりました。



散々な3月でした。

忘れる事も必要だと思うよ。

f:id:aoi-tuki261:20160311150536j:plain



おそらくは、今日も昨日に続きテレビで東日本大震災の特集組んだ番組を放送してるんだろうな、と思う。

昨日は出先で黙祷のアナウンスを聞いた。
有難うございました、の声でその時刻なんだな、というのが私の感想。

不謹慎かな、私は黙祷をしなかった。

別に私は死者に石をぶつけるのを良しとする人間ではない。
ただ、もう震災の事を思い出すという感覚がないのです。

あれから、もう6年ですよ?
あの時生まれた赤ちゃんは大きくなって、おそらくは元気に走り回ってる頃ですよ?

正直、感傷に浸るのはそろそろ止めませんか?


地震が発生したら、とにかく高い所に逃げて海へ近寄らない。
津波を被った地域には極力、民家等を建てない。
災害が発生したら、何より自分の身を守り避難しましょう、とそれだけを伝えれば良いんですよ。

あの時は辛かった。
あの時こうしてれば良かった。
そればかり云ってて何になるんですか?
しつこく云うけれど、6年も前に終わった事です。


その後悔を今、目の前の事に活かせませんか?

悲しみを蒸し返したり、例えば他人の行動を「不謹慎だ」と押さえつけたりして何になるんですか?


そもそも、私たちは今生きてるんですよ。

亡くなった方々を悼むのは大事だけど、私たちは私たちの生活をより良くして復興に繋げる事をした方が良いと思いますよ。


死んでしまった人の分も生きろ!と人様に云うのは重いし、そんな干渉する位ならほっとけ!って話です。

今はもう日常なんです。
思い出すのは時々で良い。
もっと云えば、他者に押し付ける悲しみは逆に復興の妨げになるから忘れる方が良いかもしれませんよ?

記憶は記録として残せば良い。
感情は引きずるべきでない。



世の中には、震災の日に生まれたり素敵な思い出がある人たちだって居ます。
その人たちの笑顔を曇らせる事は、間違いなくより良く生きる為の枷(かせ)になります。

亡くなられた方々も、誰かの邪魔をするのは本意ではないと思うのですよ。


生きる事の妨げになるのなら、私は忘れる事も必要だと思います。
忘れる事は冒涜や裏切りではないんですよ。







そういう風に震災から立ち直る人も居るんだよって話です。

静養する事になりました。

ここの所、極端に体調が悪かったのです。

動悸がしてたのは相変わらずだったのですが、動悸の頻度が増えた事、半年の間にとても疲れやすくなってました。

ご飯食べるのも億劫で食べたり食べなかったり、食べるものを選ぶのすら適当だったり。


仕事に行く前に泣き出したり、物忘れが酷くなってミスが増えたり散々でした。


そして水曜日、家族に半ば強制的に病院に連れられて行ってきました。
向かった先は精神科でした。

家族は心療内科を希望してたけど、そこの病院には神経内科か精神科しかなかったので。


看護師さんからいつ頃から体調が優れなかったのか聞かれて話してる内に私、ぼろぼろ泣いてました。
どうやら物凄くしんどかったみたいです。

その後、お医者さんと話したらすぱっと云われました。



「今すぐ休みましょう。診断書かくから」



どうやら私、神経衰弱という状態にあるらしいです。
心が頑張り過ぎてすり減っちゃって、体に影響出ちゃってるようなのです。


あと、もしかしたら甲状腺の機能が弱まってるかもしれないとの事で血液と尿の検査もしてきました。




そのまま、職場に診断書を提出して休みを貰って帰宅。
帰るなり、どっと疲れが出たので爆睡しました。
人に深刻な状態だと云われると、結構来るものなんですね。

私は私を過信してました。

お医者さんに休みましょうと云われて私の口から出た言葉は「職場は人手が足りなくて休んだら迷惑になる」でした。

存外、私って洗脳されやすかったのだと、その日認識しました。



日頃「強い人」「悩みがない人」とか云われてると、弱さや悩みが縁遠いと思い込んでしまうのだと気づかされました。

人は弱いものだと知っていたのに、自分を切り離してしまうなんて。反省( ;´・ω・`)


そんなこんなでお休みです。
せっかくの1週間休みなので、自分の為に使わせていただきます。



ラッキー、と思う事にしよう。