読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるように生きる。

日常生活の中で感じた事や、思った事をのんびり綴るブログです。

自分を消したいと思わない初の師走。

私はいつも今の時期、私物を処分したり、身の周りを整理したりしてすっきりしたい衝動に駆られる。

いつからこの行動を習慣化していたのかは定かでない。
気づけば毎年、私の誕生日が近づくと心がざわついていた。


例えば詩やイラストなど、人様に見られたら恥ずかしいもの。
部屋がごちゃごちゃしていたら、家族が困るだろうなとか。
関心の無くなってしまったものは捨ててしまおうと、ゴミ袋を手に取ってみる。





私が今の時期に片づけ事を始めるのは、きっかけは些細なものだ。
ふと思い立つ、衝動から来るもの。
意味などない。

きっと家族から見て、恐らくは誰から見ても年末に向けての片づけにしか見えないと思う。


そう、行動自体は大した意味はない。






ただ、「何のためにするのか」を考えてみると理由はあるような気がする。

処分するのは、いずれも「私自身がこの世からいなくなる事を想定して」の言葉が浮かぶようだ。

いなくなる、それは病気やケガの事ではない。

昨年から健康診断に引っかかるようにはなったが危惧するする程ではない、第一、私の身体そのものは健康だから。
今の時期は車で遠出を控えているので、余程の油断や運の悪さが重ならなければ交通事故の可能性も低いと思う。


ではなぜか。
考えてみれば、私は思いのほか、私自身の事が大切ではない。

明日を生きるという、明確な意志や執着もない、そんな感じがする。

それなら、生きてても何の意味もないような気がして、私は私物を捨ててみる。
捨てようとして、あるいは捨ててしまって悲しくならなかったら寂しくならなかったら、私はどこか遠くに行こうと思っていた。



行かないで済んだら、年明けの初日の出を眺めてまた1年を過ごす。
儀式みたいに。
たぶん儀式なんだろう。

私の心に問う「生きたいか」、みたいな。







思い返してみると、今年の春頃まで職場に行くのが苦痛だった。
パワハラモラハラしてくる上司や社員と関わるのが嫌で仕方なかった。

上司が代わって、今の上司もはっきり云ってクソなんだけど、実害はないからマシだと思ってる。

精神攻撃を受けさえしなければ、人は穏やかになれるんだなぁと、実感してる。




整理整頓は今年もしている。

ただ、今回のは未練がなければ「この世にさよならする」類のものではない。
家を出る為の、自分の生き方を模索する意味合いが混じってるので、少なくとも家族を悲しませる事はないと思っている。

相変わらずまだ「何となく生きている」状態ではあるけど。



まぁ、私の今の行動が実を結べば、春先には新生活が始まっている筈ですよ。

温かいって幸せだな、って。

布団でミノムシのように丸まりながら、24日、朝になりました。
すごく寒かったです。
息が白かった。

茶の間にて、父が反射式ストーブの前でコーヒーをすすってました。

f:id:aoi-tuki261:20161125103519j:plain

今冬のストーブのお目見えです。



私もストーブ前でお茶をすすりました。
めっちゃ美味しかったです(*´ω`*)
ご飯はオートミール増量のフルグラとコーンスープを頂きました。

温かいって幸せだなぁ、と思いました。
今の時期、暖を取れる事がいかに有難いかを再認識です。
たくさん睡眠取れたから、ものすごく快調でした。

テレビの音がないのも、穏やかで清々しいものですね。



身支度してから少しして、電力会社の人が来て電気の通りを確認したら、通電してるけど異常も見られるから、業者さんを呼んだ方が良いという事で。

電力会社の人と業者さんが仕事するのを横目に、私は出勤してきました。














仕事終わって帰宅したら、電気がついててホッとしました。
今日も暗闇で寒い思いするのは気が滅入りますからね。
温かくて本当良かった(*´ω`*)

と、温かいご飯を頬張りながら思う私なのでした。



停電の原因ですが、一階の線が焼き切れてたらしいです。

「落雷とかなかったですか?」

と、聞かれたようだけど、すみません分からないです。
今住んでる借家はかなり古いから、経年劣化の可能性が濃厚かな、と。


人も物も歳は取りたくないものですな。

この出来事を期に、業者さん方の連絡先は把握して、いざという時に慌てなくて済むように、最小限の生き方を構築しようと思いました。

生きてるって素晴らしい(´ω`)

文明の利器が動かぬ闇では、人は無力なのだな。

先日、何でもない日常がとても有難い事だと思える出来事があった。
今月の23日の夜から24日のお昼頃まで、わが家は停電してしまったのだ。


何でもないいつもの事、父は夜ご飯後こたつでうたた寝、姉は趣味の小物作り、私はぼーっとテレビを眺めていた。
そこに風呂から上がった母が自分の所定の席に腰掛け、ドライヤーで髪を乾かし始めた瞬間、真っ暗になった。


事態を把握して、母はパニック状態になり、私や姉は思案した。

どうやら、停電しているのはわが家だけらしい事。
なかなか復旧しないので、父の手を借りる必要性があるという事。


寝起きの父はものすごく機嫌が悪い。
だけど、今は初冬である。
このままでいるのは健康上よろしくない。




案の定、睡眠を阻害された父は不機嫌だった。

私が住んでる家は、庭を挟むように建っている建物を経由する形で電気が通っている。
だから、電気に関する以上は建物のブレーカーを操作すれば分かる、らしい。

父が調べ、私も横で様子を見ていたのだけど、建物自体は電気は生きていて普通に灯りもつくようだった。

ブレーカーを操作するたびに茶の間内にて、ブツっと音が鳴るだけで暗闇に変化はない。

延長コードにタコ足しまくったからおかしくなったのかなー、と慌てて外してみるものの現状維持。
母は相変わらずパニック状態で、父は庭向かいの建物と茶の間を行ったり来たりしていたように思う。


そんな私はお湯が冷めない内にと、風呂に入っていた。
呑気だと云われるかもしれないが、暗闇の中で人間ができる事などそんなにないと私は思っている。


父は何とかしようとしているし、私は私で仕事に備えて身綺麗にしてたいと思ったし、何よりこの夜はとても寒かったので温まりたかったのだ。
母みたいにパニくってても、どうにかなる訳でもないし。

とりあえずお米といで予約しかけなくて良いんだ。
温まって、さっさと寝て朝を待とうと思った。





そして寝る間際に知った事なのだけど、二階の父母が寝室として使ってる部屋と、父の書斎(という名の物置)は電気がつくという事実が。

業者さんを呼んで、家の通電異常を調べて貰う事を決めてそのまま就寝。








東日本大震災以来の真っ暗闇で朝を待つ事となったのでした。
ライフラインを断たれると、人って何もできないよね。

はてなに呼ばれて来てみたり。

f:id:aoi-tuki261:20161123002250p:plain

ブログを作って満足してる私に、時々はてなからメールが届くのです。


書きたい気持ちはあります。
あるのですよ。

テーマが浮かんだ時に書かないと、やっぱりダメなのですね。


大抵、仕事中に浮かぶから嗚呼、書けない( ノД`)…






日付変わって、今日は休みなのでブログに向き合ってみようかな。

ゲームしながら。
動画観ながら。
音楽聴きながら。(そのまま休みが終わるパターン)

不要なメールは削除しようと思った。

今晩は、白煉です。

今日は久しぶりに、受信しっぱなしでほったらかしてるメールボックスを開きました。
人とマメに連絡取らないし、メール届いても表示されるアイコン消す為にぱっと開いて終わりです。

f:id:aoi-tuki261:20161016233121j:plain


だから、私のスマホの受信ボックス内はこんな感じです。
メールボックスじゃなくて、ダストボックス・・・。
買っただけで適当に使うから、大切にできないんだろうと思います。

思えば、最初のアカウント設定だけしてそのまま使ってました。。

うむ、適当に生きるのは良くない。
心を込めないで生きる事に何の意味があるのか、ぼんやり考えました。



ちょっとずつでもより良い生き方にしたいので、先ずはメール受信ボックスをすっきりさせたい。
そう思いました。
整理したら家族や友達のメールも目立つようになるしね。


と、過去のメールを眺めててauWALLET の手続きをろくにしてない事を今気づく(´ω`)

自分、本当に無精だなぁと思う今日なのでした。




昨年スマホにして1年もほったらかしとか。。

日々を愛しめてない気がした。

どうも今晩は。
それと、お久しぶりです白煉です。
間隔が空きすぎて、たまの近況報告ブログとなり果てそうな感じがして妙に焦っております。

ただ、実はこんな空白状態なのはブログだけではないのです。


これは、私の現在使用してる手帳です。
高橋書店さん発行の、T'beau(ティーズビュー)日曜日はじまりの手帳です。
f:id:aoi-tuki261:20161005213336j:plain


ご覧の通り、真っ白です。

f:id:aoi-tuki261:20161005213501j:plain




マンスリーは7月から。
ウィークリーは6月から空白が目立つようになりました。
ほんの少し疲れたなぁ、が始まりだったように思います。

ぱぱっと書いてしまえば良いんですが、私はどうしてか、そのひと頑張りができなくて。
だから要所要所しか書いてません。

いつか書こう、そう思いながら手帳を閉じる、その繰り返しです。




以前は、ほぼ日手帳(書きこむ所が沢山の値段が高いやつ)を仕様してたのですが、色々しんどくなって止めてしまいました。
ひと頃からずっと空白だらけです。

今は割と穏やかな日々が続いてる方なので、たぶん、ちょっとずつ埋められるはずです。
これからできたら良いなと、思っています。



ここだけが私の本当の気持ちを書ける場所。









すみません。
今日は少し気落ちしてました。


明日から元気出す。

映画館で至福なひとときを。

f:id:aoi-tuki261:20160930234812j:plain

今晩は。白煉です。
先月28日に急きょ、映画を観る為にぷらっと旅に出ました。
車で片道約2時間の距離をドライブです。
それを往復なのだから、しんどくて仕方ないですね。

体力消耗したし、お財布は激痩せしたのですが、出かけて一片の後悔もなかったです。


映画は2作品観てきました。
君の名は。」と「こえ(漢字変換ならず)の形」です。
前者が姉推し、後者が私が観たいと思った作品です。
鑑賞終了後、姉が私が推した作品をいたく気に入ったようでした。原作漫画とDVDを集めると申しておりました。





我ながら暴挙に走ったなと、思いました。
でも、仕方ありません。

私の住む町には映画館という娯楽施設がないので。



規模の小さいショッピングセンターとカラオケはあります。
喫茶店やカフェもあるようです。行った事はないけれど。
ここまで書いたら、私がどの町に住んでいるのか分かる人は居るのかな。

町そのものは小さいですし、一言でド田舎だと云い切れます。
町中では知人とすれ違う率高いし、誰それがどの職場で働いてるとか筒抜けなところがあるので、本当狭い世界だと思います。
たまにも少し都会へ引っ越したいと思う事があります。

何で高校の時、お金稼ぐ事や就職活動にハングリー精神出さなかった私。


まぁ、その狭いところを除けば、衣食住には困ってないし、気候も過ごしやすい方だと思うし、元々何もない山奥で生活してた身からすればあまり不満はないですね。

機会があるならば。
東京(というほど都会でなくて良いから)のイケメン(普通顔で丈夫な身体でOKの)男子にして下さーい!



映画館には3年ぶりに行きました。
相変わらず、ポップコーンの匂いに満ちていて、3年前のトラウマを思い出させる素敵な空間でした。
ポップコーンの匂いを打ち消す為にポテトを買ったのだけど、弱かったです。美味しかったけど。

次は開き直ってポップコーン買うかな。冗談です。



感想は完結に云わせて貰います。
どちらも良作品でした。
感想や考察の類は、他の人がされてるような気がするので、あまり書く事がないのです。

機会があれば、再び観に行きますし、DVD買うか借りるなどしてお家で鑑賞する予定です。
いや、どちらも話は良かったし面白かったけど、隣の人がポップコーン食べる音や泣いて鼻ぐずる音が気になって集中出来なかったんですよね。

映画館は休みを満喫するにはもってこいだけど、やっぱり私はお家でまったりするのが性に合う性質の人間みたいです。
改めて鑑賞した際に、もしかしたら感想を上げるかもしれません。



本屋さんで原作小説とネット広告で気になってた本を購入して帰りました。

f:id:aoi-tuki261:20161001001007j:plain